• nakahiro

令和4年度 キャリアアップ助成金

令和4年2月21日、厚生労働省のホームページにおいて、令和4年度のキャリアアップ助成金のリーフレットが発表されました。

令和3年度では、正社員化コースの中に、有期雇用契約から無期雇用契約へ転換した労働者について、助成金の対象とされていました。しかし令和4年度以降、つまり、令和4年4月1日以降に無期転換しただけでは、助成の対象とならないことになっています。

正社員への転換については、令和4年度以降も継続して助成対象となりますが、令和4年10月1日以降、その要件が厳格化します。

  • 「賞与または退職金制度」かつ「昇給」のある正社員への転換が必要

  • 「正社員と異なる雇用区分の就業規則等」が適用されている非正規雇用労働者の正社員転換

令和4年度の予算はまだ成立しておりませんが、おそらくこのまま通過するでしょう。令和4年10月1日以降に正社員へ転換した場合に適用される要件なので、逆に考えれば、令和4年9月30日までに正社員へ転換する場合は、令和3年度通り、ということになります。


私のクライアントでも、昨年末にキャリアアップ助成金の計画書を提出済みで、令和4年4月1日付で転換を予定していた会社がありました。現段階での情報になりますが、支給要件を確認しながら計画の見直しを迫られています。社労士としては、省庁の予算や方針に左右される業務なので、情報を逐一追っておく必要があります。


閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日、キャリアアップ助成金の支給申請の依頼をスポットで受任し、助成金センターで審査を進めてもらっていました。一次審査は無事通過したようだったのですが、二次審査でストップがかかってしまいました。以前別の助成金を申請した際に提出した書類と、若干整合性が取れないと…。 クライアントに確認したところ、合理的な理由があったようですが、なかなか審査担当者を納得させることができず…。 以前の助成金も私が担当して