• nakahiro

一般拠出金とは

令和3年の労働保険の年度更新が7月12日付で完了しました。当事務所も数件ご依頼をいただき、手続きを代行させていただきました。申告後、申告書類の内容について、依頼者に説明していたところ、「一般拠出金てなに?」という質問がありました。労働保険料の確定申告の際に、前年に支払った賃金総額の1,000分の0.02を負担するものですが、確かに聞きなれない単語だと思います。かくいう私も、社会保険労務士の試験勉強をするまで、知りませんでした。


一般拠出金とは、石綿による健康被害の救済に関する法律により、石綿(アスベスト)健康被害者の救済費用に充てるものです。労災保険の適用事業場の全事業主が対象となっています。

納付額は1,000分の0.02ですので、少額ではありますが、意味の分からない金額を徴収されると、確かに気になりますよね。今回、ご質問をいただいた依頼者は、飲食店を経営されているので「アスベスト被害と関係ないのに」と思われたかもしれませんが、法律に則って申告する義務がありますので、ご理解いただきました。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

前2回のブログで、令和4年4月1日から育児・介護休業法が3段階で改正されるという記事を書いてきました。 令和4年4月1日から、育児休業を取得しやすい雇用環境の整備を義務化。さらに妊娠・出産の申し出をした労働者(本人または配偶者)に対する育児休業制度等に関する周知と休業取得の意向確認も義務化。 令和4年10月1日から、産後パパ育休を創設するとともに、育児休業の分割取得が可能となります。 そして、最後