• nakahiro

紛争解決手続代理業務試験 合格

更新日:3月23日

昨年12月に受験した社会保険労務士の紛争解決手続代理業務試験に合格しました。

手ごたえは割とあったので、多分、受かっているだろう、とは思っていましたが、3月18日の官報で自分の番号を確認したときは、ホッとしました。厚生労働省のホームページによると、今回の合格率は49.8%だったそうです。

一見、合格率が高いように思いますが、紛争解決手続代理業務試験史上、最低の合格率だったそうです。例年50~60%台で合格率が推移していたようなので、難しかったのかもしれません。49.8%ですから、2人に1人は不合格だったわけですが、受験しているのは、みんな社労士試験を合格した人たちです。そう考えると、それなりに難しい試験なんだな、と思います。

私は受験するに当たり、過去問の問題集を買ってきて、ひたすら手を動かして書いていました。実際、記述する訓練をしていなければ、合格するのは難しいと思います。時間を測って勉強はしていなかったのですが、試験本番では、時間が足りませんでした。ゆっくり推敲している時間もなかったです。試験時間(2時間)を踏まえて、時間の配分方法も含めて勉強・対策をしなければ、受からないと思います。

試験に関するブログでも書きましたが、普段あまり緊張しない私も、もしかして時間が足りないんじゃ?と考えたとき、手が震えてしまいました。

ちなみに点数は67点でした。55点以上で合格なので、わりと余裕はあったようです。

今後は、社労士会に特定社労士の付記申請をすることになります。受かったこともよかったですし、紛争解決手続代理業務試験の勉強と、グループ研修を経て学べたこともよかったと思っています。


閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示

前2回のブログで、令和4年4月1日から育児・介護休業法が3段階で改正されるという記事を書いてきました。 令和4年4月1日から、育児休業を取得しやすい雇用環境の整備を義務化。さらに妊娠・出産の申し出をした労働者(本人または配偶者)に対する育児休業制度等に関する周知と休業取得の意向確認も義務化。 令和4年10月1日から、産後パパ育休を創設するとともに、育児休業の分割取得が可能となります。 そして、最後